初詣での観光バスが事故、34人けが=中央分離帯に衝突−関越道(時事通信)

 2日午前10時45分ごろ、群馬県渋川市赤城町勝保沢の関越自動車道上り線で、観光バスが中央分離帯に衝突、反対車線に飛び出し、バスの乗員・乗客46人中、女性(65)が腰の骨を折るなどして重傷、ほか33人もねんざや打撲など軽傷を負った。
 渋川広域消防本部などによると、バスには初詣でのため「七福神めぐり」のツアー客が乗車し、新潟県から埼玉県川越市に向かっていた。
 県警高速道路交通警察隊は、運転手の男性(35)から自動車運転過失傷害容疑で事情を聴くなどして、事故原因を調べている。 

【関連ニュース】
【動画】アクアライン探検隊、出動!
年末年始の交通・冬山情報〜東名、九州道で45キロ渋滞も〜
日本海側、2日も大雪=北海道は朝まで強風
山陽道で41台多重事故=6人軽傷、250キロ通行止め
大みそかの天気、大荒れ=日本海側大雪、太平洋側も強風

w32o2281のブログ
世界のお祭り
クレジットカード現金化
アフィリエイト ホームページ
無料携帯ホームページ
[PR]
by ziefaamcyv | 2010-01-09 10:40