女子中学生自殺で緊急会議 都教委、今年度中に全教員の研修を実施(産経新聞)

 東京都清瀬市の市立中学校2年の女子生徒(14)がいじめを示唆する遺書を残し、自宅マンションから飛び降り自殺したことを受け、都教育委員会は4日、全区市町村教委の関係課長らを招集し、再発防止に向けた臨時会議を開いた。

 都教委の高野敬三指導部長は「将来ある子供が自らの命を絶つことは大変残念でならない」と述べた上で、「自殺につながるサインを発しない子供にも十分配慮し、緊急に状況把握に努めてほしい」と指示した。

 会議では、今年度中に全教員を対象とした自殺予防研修の実施と、保護者面談などを通じて児童・生徒の状況把握に努めることなどを決めた。

 女子生徒は2月15日、「学校なんか行きたくない。皆が敵に見えるから」などと記した遺書を残し自宅マンションから飛び降りて自殺。学校はこれまでにいじめの事実を確認していないとしている。

【関連記事】
「学校で何かあった…」両親、言葉詰まらせ 清瀬中2女子自殺
「学校行きたくない…皆が敵に見える」いじめほのめかし中2女子生徒が自殺
群馬県立全高に“裏サイト” 県教委調査中間報告
小中学生の「暴力」最多格差社会 ゆがむ家庭教育
都教委、学校裏サイト監視結果まとめる 不適切な書き込み6500件

<伊方原発>プルサーマル試運転 3号機の発電再開(毎日新聞)
<中2自殺>市教委がメモ公開 いじめの有無「確認できず」(毎日新聞)
岩手・久慈市では90センチ(時事通信)
小中学校の土曜授業、橋下知事が教委に要請(読売新聞)
広島県の福祉医療費審査支払事務を受託―支払基金(医療介護CBニュース)
[PR]
by ziefaamcyv | 2010-03-06 06:53