公的行為の統一ルール、非現実的=枝野氏(時事通信)

 法令解釈を担当する枝野幸男行政刷新担当相は26日午前の記者会見で、天皇の公的行為に関して平野博文官房長官が発表した「統一的なルールは現実的ではない」との政府見解について、「政治利用という誤解を招かないよう最大限の配慮をする以外に、共通で言えることはあり得ない。見解は違和感なく受け入れている」と述べた。
 枝野氏はまた、「政治が陛下の公的行為を決定できるわけではないから、そういう意味では(政治)利用はあり得ない」と指摘。ただ、「政治利用という疑義を持たれることはあってはならない」と強調した。 

普天間移設で国民新・下地氏「決着先延ばしなら議員辞職」(産経新聞)
<スルガ銀行>釣り人の環境セミナー参加者募集(毎日新聞)
自殺対策「正面から取り組む」=鳩山首相(時事通信)
JR京浜東北線、人身事故で全線運転見合わせ(読売新聞)
自民党、審議復帰を決定(産経新聞)
[PR]
by ziefaamcyv | 2010-03-04 14:48